日本動物福祉互助会

2015年 5月

さくら本日病院へ行ってきました。
パッと見は、とってもステキな笑顔でフツーなさくら。
でもね、脳障害があり、子宮蓄膿症も抱えているんです。
ひと月程前、お散歩にさぁ行くよ♪ってお外に出た瞬間、なんだか足元がフラつく。
次の日も同じ状態。でもお散歩しだしちゃえば何ともなく元気なおばぁちゃんって感じだったからしばらく様子を見る事にしました。

しかし、なんだか日に日にフラつきが激しくなって、一瞬意識がとんでるような感じがした。
これはおかしいと、すぐに病院へ連れて行きました。
(今となっては、最初の異変の時にすぐ病院へ連れて行ってあげればよかったと、本当に後悔しています。)
脳に異常がある事がわかったのです。
さらに、初期の子宮蓄膿症も発覚。

子宮蓄膿症は、手術をして子宮を全摘してしまえば治る病気です。
しかしさくらの場合、脳に異常がある為に手術をする為の全身麻酔があまりにもキケンすぎる。
全身麻酔をして、子宮の全摘を無事に終えてもそのまま目を覚まさない可能性が非常に高いと…

毎日薬をあげて症状を抑えてはいるものの、良くなっているわけではない。。。
子宮に膿が溜ってお腹がどんどん膨らんでくる。
子宮がパンパンになって破裂してしまってはもう手遅れ。
でも、手術をする決断ができない...毎日毎日どうしたらいいか悩む日々。。
手術して元気に目を覚ます可能性もあるかもしれない、覚まさないかもしれない。
さくら、苦しいよね。。ごめんね。。一日も早く決断をしてあげなければさくらがつらいだけなのに中々決断できないでいる私です。

☆こてつ君☆ぺッてしてる(*^^*)ココ互助会と同じ区内からやってきました。
初対面の人に吠えたり噛んだりしちゃうかもって元飼い主さんに教えてもらったけど、そんな事は全然なく、とってもお利口さんで可愛い良い子ですよ♪♪
安心して下さいね☆☆

兵庫県 F様より
わんこ達へのプチご褒美な缶詰♪♪ ありがとうございます☆

静岡県 N様より☆ありがとうございます☆

 

引き続き、皆様のご協力どうぞよろしくお願い致します。

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

支援物資のお願い

 猫砂 
 ドッグフード
   (アダルト超小粒)
 犬用缶詰 (療法食以外)
 タオルケット
 シーツ
 バスタオル
 ウェットティッシュ
 ティッシュペーパー
 食器洗剤
 洗濯洗剤(液体)
 ウンチ処理袋ポイ太君

商品券
(百貨店・ビール券など)
クオカード・図書カード
テレフォンカード・切手
     (未使用に限る)
換金して活動資金に
   充当させていただきます

日本動物福祉互助会
〒 :424−0302
住所:静岡県静岡市清水区小河内925−1
TEL:054ー360-1330
FAX:054-360-1346
Emai:sirai.akio@gmail.com