全国限界集落福祉対策協議会

・全国限界集落福祉対策協議会の趣旨は、過疎化する地域、限界集落地域の活性化である。

・活性化の具体策は、福祉等を柱とする。

・福祉等とは、高齢者や障害者を含む雇用の創設である。また、そうした施設の創設である。

・雇用(就業施設)に必要な土地、家屋は、活性化を望む地域が提供すると考えられる。

・活性化を望む地域が提供する土地や家屋は、荒廃した山林、空地、休耕田、廃屋、廃校、空き家等が考えられる。

・雇用・就業は、日本動物福祉互助会の施設によって、飼い主を失ったペットの飼育である。就業内容は他に、竹林の整備、間伐など。

・飼育員は、飼育と共に、荒廃した山林、空地、休耕田、廃屋、廃校等を段階的に整備する。

・空き家は、飼育員が生活できるようにする。

・荒廃した山林、空地は、日本動物グリーンメモリアル協会が、霊園、植樹葬として利用できるよう整備する。

・休耕田は、農業を再開・創生する。出来た農作物は、自給自足で消費するほか、日本動物福祉互助会が販売する。

・廃屋や廃校は、整備し、飼い主を失ったペットの飼育所とする。