人間とペットの未来を創る!社会を変える!

TOP

日本動物福祉互助会は、
ペットの殺処分ゼロを目指すと共に、
国政・行政に頼らない福祉活動の推進を目的とし、人々の幸せの為に

    『えんぜるドリーム計画』を提案いたします。


毎年20~30万頭ものペット達が人間の身勝手な都合によって殺処分されています。
このペット達を殺処分するのではなく、生かす事で人間の役に立つのではないか。

殺処分するために、みなさんの税金が使われています。
ペットを飼っていない方の税金も使われています。

・殺処分されるペット達が減れば、殺処分に携わる保健所の職員は必要なくなります。
(税金経費削減)
・飼い主から手放され、殺処分されてしまうペット達の保護施設を建設します。
(中山間地の活用)
・保護施設では動物の世話をするスタッフが必要になります。
障害者、高齢者の雇用も創出できます。

飼えなくなったペットの命を救い、そのペットが生きていくことによって、
過疎化の問題、障害者、高齢者の雇用問題が解決できると考えます。

  多くの企業と連携し、皆様と力を合わせ安心してペットと暮らすことのできる世の中を作りあげていきたいと思います。       日本動物福祉互助会  理事長 白井昭夫